学習塾・家庭教師・個別指導、正しい勉強方法をサポート致します。

塾選びの情報サイト『学習総合家庭教師ドットコム』

学習塾・予備校の分類別種類 そのA

結果、どのような塾を選ぶべきか?

前頁で『儲け主義と貢献主義』の学習塾を述べましたが、成績をしっかり上げたいならば、迷わず貢献主義の学習塾を選ぶことをオススメします。
例え、建物や看板がボロくても、教室が狭くて薄暗くても、虫が飛んでいてもトイレが汚くても、机やイスや黒板が古びていても、勉強・授業するのに支障が出ない範囲内であれば、そんなことはまったく気にする必要はないのです。
また逆に、明るく広々とした快適な環境で勉強したいとか、豪華な教室でリッチになった気分を味わいたいとか、皆が知っている学習塾に通うことで安心感を得たいとか、駅の近くだとか有名だからとか、学習塾選びで苦労せず楽に通う学習塾を決めたいとか、成績を上げることよりも環境を優先するならば、儲け主義の学習塾が向いています。

学力別分類では、当然のことながら、自分自身の学力に合った塾がベストです、まずは自分の学力レベルを知りましょう。
たとえば、通知表の成績が2〜3の生徒が進学塾に通っても、授業が早すぎて理解できないので時間とお金が無駄になるだけです、進学塾は成績優秀な生徒さんが大学を視野に入れて勉強しているので。
このような場合、良心的な学習塾は、自塾の売上・経営よりもその生徒の学力向上を第一として大切に考えるので、「君の学力ではうちの授業についていけないから、他の塾に行った方がいい」と言い方は失礼ですが、きちんとアドバイスしてくれます。
しかし儲け主義の学習塾は絶対にそんなことは言いません。
「ついていくのに少々苦労しているようですが、頑張ればいずれ成績が上がり始めることでしょう!」などと言って、いつまでも退塾しないように引き留めます、セールスの宣伝文句みたいですね。
コレに引っかかると、 学力が上がらないまま受験することになってしまうので、この作戦に引っかからないように注意しましょう。

本当にじっくり成績を上げるなら総合的に見ても貢献主義の学習塾が最もベストと言えるでしょう後は生徒自身の学力レベルに合わせて塾を選ぶ事が大切です。
よく勘違いされるのが、『有名な進学塾に入れれば成績が上がる』と勘違いされる親御さんがいらっしゃますが、それはお子さんの為になりません自分の子供の学力レベルを確認してきっちり話し合って塾を決める事が大切です。

Copyright(C) 学習総合家庭教師ドットコム Allrightreserved