学習塾・家庭教師・個別指導、正しい勉強方法をサポート致します。

塾選びの情報サイト『学習総合家庭教師.com』

学習塾の知っておく基礎知識

学習塾の歴史

学習塾や家庭教師と言った勉学の場や講師は、平安時代から始まったと言われています。
16世紀までは上流階級の子弟のための上流文化的存在だった学習塾。
江戸時代になって、藩校(幕府・諸藩の学校)に加えて私塾や寺小屋などが開設され、「読み書きそろばん」と言われるように学習塾が広く一般化し、庶民の子もそろばんと字の読み書きを習いはじめました。

学習塾と学校の通学の相違点

義務教育の小中学校では、次の日も休日・祝祭日以外は必ず生徒が来るのが当たり前となっていますが。
学習塾の場合、次の日も生徒が来てくれるとは限りません、様々な理由にて優先順位が後回しになったり場合によってはやめる事も。
ですからたいていの学習塾は、生徒が満足して次の日も習いに来てくれるように分かるまで・理解するまで納得出来るよう、じっくりと指導しています。

公立の小中学校では、生徒は学校を選べない(選べる制度も一部ではじまっています)のです。
学習塾の場合は、学区などがないので自分に合った勉強スタイルで選ぶ事が出来ます。
ですからたいていの学習塾は、数多くのライバル塾の中から自分の塾を選んでもらえるように、中身の教程カリキュラムに充実に力を入れているのがほとんどです。
学習塾の講師は、より効果的な指導システムの開発に努め、全国の学力情報収集力を生かした的確な進路指導を心がけています。

小中学校や高校では、生徒は先生を選べない(選択授業制を除いて)のです。
最近の学習塾の場合は講師を選べることが多く、講師選択制を売り言葉にしている学習塾も多くなって来てます。
ですから、大抵の学習塾の講師は自分の授業を選んでもらうために、指導力を高めるための勉強を日々怠りません、分かり易い教育カリキュラムを組んだり興味を示してくれそうなユニークな授業方法を編み出したりと学習塾の講師はアイディアも研究しています。

学習塾と予備校の相違点

学習塾は、主として中学生と小学生を対象にしており、平日の夕方から夜十時をめどにかけて授業を行っています。
予備校の対象は主として浪人生と高校生であり、浪人生向けの大学入試対策授業には平日の昼間に行い、そして高校生には平日の夜と週末に高校で習う授業や模試対策授業を行っています。
最近は、高校生になっても通い慣れた学習塾に引き続き通う生徒が増えつつあり、予備校はかつての勢いを失いつつあるのです。

Copyright(C) 学習総合家庭教師.com Allrightreserved